沿革
1951年9月 東京都日本橋室町に「日本工業資材株式会社」を設立
1963年7月 埼玉県羽生市に「埼玉事業所」開設
1971年9月 社名を「ニッコーシ株式会社」に変更
資本金1億円に増資
1991年4月 福島県白河市に「白河事業所」開設
1995年3月 東京都中央区日本橋本町に本社移転
1999年11月 「NIKKOSHI PHILIPPINES CORP.」設立
2000年5月 代理店「SHANGHAI NIKKOSHI CO.,LTD.」(上海尼科希(ニッコーシ)貿易有限公司)設置
「NIKKOSHI (HONG KONG) CO., LTD.」(現 尼高希(香港)有限公司)設立
2000年7月 「珠海駐在事務所」開設
2002年11月 「珠海尼科希電子有限公司」設立
2003年1月 「NIKKOSHI PHILIPPINES CORP.」新工場建設、移転(Cavite→Batangas)
2006年4月 「尼高希(珠海)電子有限公司」設立
2006年10月 「NIKKOSHI PHILIPPINES CORP.」第2工場建設
2007年5月 資本金を4億円に増資
2007年7月 紀正電機株式会社グループを買収
2011年6月 尼高希(珠海)電子有限公司を存続会社として、旧 珠海尼科希電子有限公司と合併
2013年6月 完全子会社であった紀正電機株式会社を吸収合併
2014年4月 東京都港区麻布台に本社移転
2016年6月 NIKKOSHI PHILIPPINES CORP.を存続会社として、旧 NIKKOSHI ELECTRONICS PHILIPPINES INC.と合併
2017年3月 「YN PRODUCTS PHILIPPINES CORP.」設立

事業展開の推移

■設立
1951年~
非鉄金属地金の販売を目的に創業
コバルト、ニッケル、金属粉末の販売を開始
ニッケル基、コバルト基合金の二次製品販売を開始
原子力・化学プラント業界への耐蝕・耐熱材料の販売を開始
1960年~
電磁ステンレス鋼(K-Mシリーズ)の販売を開始
磁性材(パーマロイ)の磁気焼鈍、プレス加工等を開始(オーディオ、カメラ、ビデオ、コンピュータ)
埼玉県羽生市に生産拠点(現 埼玉事業所)を開設
情報機器装置部品の生産を開始(FDD、HDD、MD、CDーROM、DISKクリーナー)
1970年~
計測機器の生産を開始(金属磁気応力測定器、ガウスメーターなど))
HDD部品の生産を開始
1980年~
セキュリティ・防犯機器製品の生産を開始(都市ガス・LP用等遮断弁、キーボックス)
半導体製造装置部品の生産を開始
1990年~
福島県白河市に生産拠点(白河事業所)を開設
MRセンサーの生産を開始
電磁比例弁の生産を開始
VTRヘッドの海外生産を開始
小型ソレノイドの生産を開始
液晶製造装置部品の生産を開始
フィリピン・カビテ州に生産拠点(NIKKOSHI PHILIPPINES CORP.)を開設
HDD部品の海外生産を開始
2000年~
中国・香港に貿易・販売拠点(現 尼高希(香港)有限公司)を開設
中国・広東省珠海市に駐在事務所を開設
VTRヘッドベースの海外生産を開始
中国・広東省珠海市に生産拠点を開設
フィリピン・バタンガス州に新たな生産拠点を設立、移転
紀正電機グループを買収し、巻き線・コイルの取扱を開始(HDD部品、電流検出部品など)
中国・広東省珠海市に新たな生産拠点(尼高希(珠海)電子有限公司)を開設、移転
LED製造装置部品の生産を開始
2010年~
タングステンカーバイド、サーメット溶射材料の販売を開始
自動車部品の生産を開始
ページの先頭へ