表面処理

表面改質
TYPE
PVD:イオン化した金属を加速衝突させる事により皮膜を形成します。

PVD

特徴
複合的な表面処理を施すことにより、単一膜と比較して数倍の工具寿命になります。
アークイオンプレーティングによりガス軟窒化や塩浴窒化に比べコーティングによる表面の荒れが少なくできます。
用途
樹脂成形金型等、各種切削工具、磨耗する電磁弁などのプランジャーに処理できます。
仕様
コーティング種類 : TiN
TiCN
TiC
TiAlN
CrN
膜厚:3±1μm
DLC 膜厚:1~2μm
お客様のご要望に応じて、各種コーティングをご提案致します。
また、試作用としての小ロットから量産品まで対応可能です。
備考
その他詳細は、下記営業部まで気軽にお問い合わせ下さい。
ページの先頭へ 溶射

溶射

特徴
様々な材料(金属、非鉄金属、セラミックなど)に対し処理が可能です。
ニッケル系、クロム系、タングステン、モリブデン、セラミック系等の溶射材料があり用途に応じて材料選択が可能です。
コーティングの厚さは数10μmから数10mmまで対応可能です。
用途
各種軸受け、シャフト、タービンブレード、金型部品などの耐磨耗性、耐熱性、耐食性、耐焼付性などの向上に適しております。
備考
お客様のご注文をお受けしてから、手配致します。
お問い合わせは下記営業部までお願い致します。
お問い合わせ先:営業本部
TEL: 03-6362-8851
FAX: 03-5425-2440
商品・製品情報ページへ
ページの先頭へ